おすすめ!ミネラルファンデーション

おすすめミネラルファンデーション「ベアミネラル」

前回の記事「ミネラルファンデーションの”いいトコロ”と”選び方”」で、ミネラルファンデーションってどんなものなのか?選ぶ時はどんなことを基準にすれば良いのか?ってことを書きましたが、今回は実際に私が使ってみて良かったミネラルファンデーションをご紹介したいと思います(*^^*)

コチラ、「ベアミネラル」のミネラルファンデーションです!

ベアミネラルは、「何を入れるか」ではなく、「何を入れないか」を重視して厳選された5種類のミネラルから作られた、アメリカ発祥のミネラルファンデーションブランドです。

さまざまな女性向けファッション誌でコスメの賞を受賞しているそうな。
(公式HPはコチラ)

写真に載っているのは、今回注文したスタータキットの中身です(^^)

  • オリジナルファンデーション(SPF15・PA++)Mサイズ
  • ミネラルベール(SPF25・PA+++)
  • プライムタイム 30ml(ファンデーション専用下地)
  • プレシジョンフェイスブラシ

ファンデーションは、オリジナルタイプかマットタイプのどちらかを選べますが、私はオリジナルタイプを選びました☆
乾燥肌の人はマットタイプが良いかと思います。

それぞれ単品での通常価格は、ファンデーションMサイズで2,800円(税抜)、ミネラルベールが2,500円(税抜)、プライムタイムが4,000円(税抜)、フェイスブラシが3,500円(税抜)と、全部買うと合計12,800円のところ、スターターキットだとなんと6,300円(税抜)約半額!!

めちゃくちゃお得ですね(^O^)
実は、私が最初にベアミネラルのスターターキットを選んだ理由は、一番お得感があったからです(笑)。

他にもミネラルファンデーションはいろいろとあるけれど、ベアミネラルのが一番内容量が豊富でトータル的にお得だったので選びました♪

実際使ってみてもおすすめできるものなので、もちろん使い心地もこれからご紹介したいと思います☆(今私もデイリー使いしています(^^♪)

 

ファンデーションケースの開け方☆

はじめに、このベアミネラルのファンデーション、ケースの開け方に苦戦したので(笑)、そちらから説明しますね!

こちらがファンデーションのケースで、黒い外蓋は普通に回せば開きます。
(ちなみに選んだカラーは”フェアリーライト”です♪)

 

こちらの中身が、最初は完全に密閉された状態になってます。
この半透明の中蓋を開けるのが最初はわかりにくいかも??

コレ、つまみがあるので、そこを引っ張って開けることもできるそうなんですが、けっこう硬くてなかなか開きませんでした(^^;)

その場合は、中蓋のフチを指で思い切って時計回りに回すと…

こんな感じでつまみの部分がカチッと音を立てて外れて、開きます!!

この時計回りに回す時も、けっこう力がいるので、しっかりと掴んで回してみてくださいね(*^^*)

開きました~☆

この小さな穴から中のパウダーを出して、使い終わったらこの半透明の中蓋を回して穴を塞ぎます。(一度開いたら2回目以降は簡単に回せます☆)

以上、最初にファンデーションケースの開け方のご紹介でした(*^_^*)

 

下地はなめらかでサラサラ!!

さっそくそれぞれの使い心地をご紹介したいと思います☆

お肌を化粧水と乳液でしっかり保湿をして、まずはファンデーション専用下地、「プライムタイム」をつけてみます。

手の甲に少量取ってみると、こんな感じですこしとろみのあるほぼ透明のジェルが出てきます。

試しに伸ばしてみると。。。

こんな感じで、かなり毛穴が隠れます!!
しかもめちゃくちゃサラサラになる。

これは正直、最初感動しました( *´艸`)

頬に塗ってみると、こんな感じで違いがわかります。
こちらはすっぴんの状態の頬。

で、こちらは下地(プライムタイム)を塗った後の頬。

手の甲に塗った時同様、かなり毛穴とくすみが消えています☆
Before/Afterで並べてみるとよくわかりますね(*^^*)

サラサラしているけど、ツヤも出てる感じです。

極度の乾燥肌の人は、もしかしたらもう少し保湿力が欲しいところかもしれないですが、普通肌~オイリー肌の人で、毛穴やくすみカバーの方を優先させたいって方にはすごーく向いていると思います。

あととっても延びがいいので、1プッシュだけで十分顔全体に塗れちゃいます!

 

ファンデーションをキレイに塗るコツ☆

では、次にファンデーションを実際に使ってみたいと思います(^^♪

開け方は、冒頭でご紹介した通り、ちょっと硬いのでご注意を。
無事に中蓋が開けられたら、外蓋の内側にファンデーションの粉を少しずつ落としていきます。

コツは、利き手でケースを持って、人差し指で軽くトントンしながら出すと、ドバっと出過ぎないように加減ができますよ(^_-)-☆

粉を出す1回の量は、気持ち少な目が良いかと思います。

粉を蓋の内側に出したら、ブラシでクルクルと圧をかけながら毛先に粉を含ませます。

蓋のフチのところでトントンと軽く払って、ブラシについた余分な粉を落とします。

ブラシの断面のところについているファンデーションの色が均等な感じになると、ムラなく付いているなーって気がします(^^)

お肌に乗せる時は、

「内側から外側に向かって」、「クルクルと円を描きながら」乗せていくのがポイントだそうな(^^♪

私は少し肌に圧を加えながら毛穴を粉で埋めるイメージでいつも塗ってます!

 

ミネラルファンデーションを重ね付けする時は、一度にたくさん粉を出してつけるのではなく、数回に分けてつけるのがキレイに塗れるコツだそうですよ(^^)

確かに、粉の量が多めだとブラシの毛先につける時、粉が吹いてしまうくらい付きすぎてしまうので、1回で取る粉の量は、自分が思っている以上に少なくてOKだと思います☆

こんな仕上がりになりました(^^)

下地だけの状態よりも、さらにくすみや毛穴がカバーされている感じです!
厚塗り感がなく、肌に乗っている感じも軽いです。

これがミネラルファンデーションのチカラなのかぁ~(^◇^)

Before/Afterもわかりやすいですよ。
Beforeが下地だけの状態で、Afterがこのオリジナルファンデーションを乗せた状態です。

 

 

仕上げにツヤ感を出したい時はミネラルベール!

最後に、肌によりツヤ感を出したい、上質なお肌に見せたい、という時は、フィニシングパウダーとしてミネラルベールを軽く乗せると、よりキレイな仕上がりになりますよ(^_-)-☆

こちらです。
オリジナルファンデーションよりも明るめの色味で、少しピンクがかってます。

これも、先ほどのファンデーションと同じ要領で蓋の内側に少量粉を落としてブラシでクルクルしながら肌に乗せます♪

ファンデーションよりも、粉が少し細かい感じです。
あまり厚塗りにならないように、軽く乗せる程度でOKです(^◇^)

こんな仕上がりになります☆

ファンデーションのみの時よりも、もうワンランク肌質がアップした感じになります(^^♪
ツヤがかなり出て、明るくなりました!

比べてみると、わかりやすい。
Beforeがファンデーションのみの状態で、Afterがミネラルベールを乗せた状態。
画像だと少し見にくいですが、ツヤ感が出ているのがわかるかと思います(^^♪

ふだん使いではファンデーションだけでも全然個人的にはいけるんですが、朝時間に余裕がある!って人はミネラルベールを軽く乗せると超カンペキになります(^^♪

あとは、パーティーとかデートの時とか特別な時に仕上げで使っても良いですね~。

最後に、スッピンの状態の肌と、下地+ファンデーション+ミネラルベールをつけた完全に仕上がった状態のBefore/Afterがこちらです♪

こうやってみると、カバー力がかなりあるのがすごくわかりますよね(^^♪

でも着け心地は軽くて、落とすときも石けんで落とせるから重宝しますね。

 

「化粧持ち」よりもカバ―力優先

化粧持ちは、他のファンデーションとあまり変わらないかな?という感じですが、化粧持ちとか崩れ防止とかって、個人的には、経験上、下地やファンデーションによるものではなくて、肌質に合わせたケア方法と、いかに丁寧にベースメイクをするかの方が重要だと思ってます。

しっかりと保湿をして、丁寧に下地を塗って、ファンデーションの量を間違えず、仕上げのパウダーをちゃんと乗せれば、それだけでメイク崩れはかなり防げます。

逆に、どんなに良いファンデーションを使っても、保湿ができていなかったりメイクが雑だと、崩れるのも早い。

だから、個人的には「持ち」はあまり気にしません♪

それよりも、「ミネラルファンデーションの”いいトコロ”と”選び方”」の記事でもお伝えしたように、ファンデーションは本来肌の粗をカバーするものだから、いかに肌をキレイに見せてくれるかの方が重要だと思います(^^♪

その点では、このベアミネラルはかなり重宝しますよ☆
プラス「ミネラル」でお肌に超やさしいからありがたいです(^^)

ミネラルファンデーションをこれから使ってみたいな~という方や、カバー力のある肌にやさしいファンデーションを探してる!って方や、どのミネラルファンデーションを選べば良いかわからない!っていう方は、スターターキットでお試ししてみてはいかがでしょうか?(^^♪
→ベアミネラル公式サイトはコチラ

ではまた~☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク